[fpr 3775] 共通数量化について

Yasuharu Okamoto


 岡本安晴@日本女子大学心理学科です。

 複数の分析で用いる共通の数量化をSPSSで行う方法を
http://y-okamoto-psy1949.la.coocan.jp/booksetc/jwu_2016_2015/HowTo_SPSS.pdf
で説明しました。簡単な操作なので R などSPSS以外のアプリケーションで行うこと
も
簡単にできると思います。お試し頂ければ幸いです。
 C++によるプログラム例は
http://y-okamoto-psy1949.la.coocan.jp/booksetc/TwoStepCmnQExmpl/PrgsExpln/
に用意しています。

横浜市在住
岡本安晴





スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]