[fpr 3777] 心理学について思うこと

Yasuharu Okamoto


 岡本@日本女子大学心理学科です。

ワインバーグ著(赤根訳)「科学の発見」p.16に
「科学の目標は、自然現象を純粋に自然現象として
説明することである」
と書かれています。
心理学の場合、例えば、
「心理学の目標は、こころを純粋に科学的立場から
説明することである」
というような意見には最近お目にかかりません。
常に、「実用性はどうか」というような観点が
出されているように思います。このような、
実用性への偏りが、事実を事実として認識することを
妨げるような傾向を生んでいるとしたら問題です。
例えば、現行の信頼性係数が真値と測定値の関係を
過大評価しており、正しく関係を算出する計算方法が
提案されても評価されないというような傾向があるように
思います。
信頼性係数はできるだけ高い数値を出したい、
実用上は高い信頼性係数を出す計算方法の方が
具合がよい、好ましいというようなバイアスがあれば、
これは、事実を無視して、応用上具合のよい方法を
好むという、科学的立場からは受け入れがたい偏りだと
思います。
この偏りは、信頼区間あるいは確信区間についても言えます。
より短い算出区間を出す計算方法の方がよい
という意見を聞くことがありますが、短かければよいというのは
テストの売り込みの営業活動のときには有力なキャッチコピー
の1つでしょうが、科学としてはより適切な長さは短い方なのか
長い方なのかという問題になります。

横浜市在住
岡本安晴




スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]