[fpr 3923] 事前登録

豊田秀樹

『パーソナリティ研究』の新たな挑戦
—追試研究と事前登録研究の掲載について
加藤 司
https://www.jstage.jst.go.jp/article/personality/27/2/27_27.2.11/_article/-char/ja/

を目にしました。画期的な試みです。加藤氏・渡邊氏と当該学会に
最大級の賛辞とエールをおくります。もちろん完璧とはいえませんが、
まず「始めた」という行為自体が、何にもまして素晴らしいです。
たくさんコメントしたいことはありますが、「言うは易し行うは難し」で、
いろいろ言って戦意を喪失させてはいけないので1つにだけ絞ってコメント
します。


13.1.1. 標本サイズの決定 にて
「標本サイズの決定に際して多様な方法を認める。」と述べています。

有意性検定をするなら、目標とする効果量と検定力を明示し、Nを算出して、
事前登録すべきです。その一択です。
学界の構成者が全員善意の人であったとしても、
「神の見えざる手(文献)」によって、統計的に有意でも心理学的には無意味
なレベルに、現時点ですでに、nは膨れ上がっています。先行研究を踏襲するような
意味でnの事前登録を認めると、事前登録の効果が棄損されます。ベムのように
高度に有意でも心理学的に無意味な論文を排除できなくなります。
(あくまでも有意性検定をするならですが)
検定力分析による意味のあるnの事前登録は必須ではないでしょうか。

くりかえしになりますが、「言うは易し行うは難し」は強調したいです。
事前登録を始めるという英断に感動しています。
他の学会が続くことを希求します。

文献
豊田秀樹(2018)
p 値を使って学術論文を書くのは止めよう 心理学評論 第60巻 379-390.


-- 
------------------------------------------------------------------------------
 TOYODA Hideki Ph.D.,  Professor,                    Department of Psychology
 TEL +81-3-5286-3567  School of Humanities and Social  Sciences,
Waseda University
 toyoda _atmark_ waseda.jp   1-24-1 Toyama Shinjyuku-ku, Tokyo 162-8644 Japan
 http://www.waseda.jp/sem-toyoda-lab/
------------------------------------------------------------------------------

スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]