[fpr 3886] (訂正)第 15 回統計教育の方法論ワークショップのお知らせと発表募集(第一報)

Akinobu Takeuchi

篁障篋Ⅳ罎障с
訂正し、再送いたします。また ICOTS10 へのリンクも追加いたしました。
重ねての送信となり、大変、失礼しました。申し訳ありません。

===

※複数のメーリングリストに連絡しているため、
重複しての送付、ご容赦ください。

実践女子大学の竹内です。毎年 3 月に開催しています
統計教育に関するワークショップですが、今年は統計教育に関する国際会議
ICOTS10 と開催時期・場所を合わせ、7/7-7/8 に京都にて開催いたします。
時期や場所が例年と異なりますので、申込等につきましてはご注意ください。

===
ICOTS10 の補足ですが統計教育に関する国際学会である
IASE(ISI の下部組織)の大会であり、今年 2018 年 7 月 8 日から
 13 日までワークショップと同じ、京都テレサで開催されます。
世界各国から統計教育の研究者の参加し、最新の研究発表が
行われる予定です。詳しくは以下の公式サイトをご参照ください。
参照:http://icots.info/10/
===

今回のワークショップでも統計教育にかかわる研究成果・授業実践事例の発表を
募集いたします。発表をご希望される方は下記連絡先まで
ご申し込みください。

発表申込については以下の内容でご連絡ください。
【発表内容】
1.発表種別:
統計教育に関する研究成果または授業実践事例
2.発表者情報
発表者および連名者の氏名・所属、また連絡先 E-mail
3.発表タイトル

【申し込み先】
第 15 回統計教育の方法論ワークショップ事務局
E-mail: sesjss (at) stat.k-junshin.ac.jp

なお締切等は以下のスケジュールを予定しています。
=====
スケジュール
※例年とは開催期間、締切日が違いますので、ご注意をください。
・2018 年 05 月 18 日(金)発表申込の締切
・2018 年 06 月 01 日(金)予稿原稿の提出締切
=====

よろしければ統計教育に関心のある方にもお知らせ
いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

詳しくは以下のウェブページをご参照ください。
URL: http://estat.sci.kagoshima-u.ac.jp/SESJSS/edu2018.html

多数のご参加、ご発表のほど、よろしくお願いいたします。

====================================================

第15回 統計教育の方法論ワークショップ
The 15th Japan Conference on Teaching Statistics, JCOTS18

初中等から大学へ繋ぐ数理・データサイエンス教育強化
〜人工知能型社会に向けて統計的推測授業の新展開〜

実行委員長:山口 和範(立教大学)
事務局担当:竹内 光悦(実践女子大学)

日時:2018 年 7 月 7 日(土)・8 日(日)
場所:京都テルサ(京都市南区東九条下殿田町 70 番地)
主催:日本統計学会統計教育分科会、
   日本統計学会統計教育委員会
   情報・システム研究機構統計数理研究所
    (共研究課題番号:30-共研-5015)
=====================================


-- 
Akinobu Takeuchi
takeuchi-akinobu (at) jissen.ac.jp

スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]