[fpr 3889] グリッド法とベイズ分析

Yasuharu Okamoto


 岡本安晴@(日本女子大学心理学科定年退職)です。

ポリコリック/テトラコリック相関係数を求めるプログラムを
作成してみました。1段目でカテゴリ境界を累積度数から
求め、2段目で相関係数をベイズ的に事後分布から推定しました。
2段目ではパラメータは相関係数の1個ですので、グリッド法を
用いました。グリッド法は考え方が単純ですが、有効な方法と
思いました。各グリッド点の計算は独立しているので、
4グループに分けてマルチプロセッシングで計算しました。
サンプルスクリプトは、ウェブサイト
http://y-okamoto-psy1949.la.coocan.jp/Python/misc/PolychoricGrid/
に上げました。

横浜市在住
岡本安晴






スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]