[fpr 3831] 「国際混合研=?UTF-8?Q?=E7=A9=B6=E6=B3=95=E5=AD=A6=E4=BC=9A=E3=82=A2=E3=82=B8=E3=82=A2?==?UTF-8?Q?=E5=9C=B0=E5=9F=9F=E4=BC=9A=E8=AD=B0=E3=80=8D=E3=81=AE=E3=81=8A?==?UTF-8?Q?=E7=9F=A5=E3=82=89=E3=81=9B?=

Taichi Hatta

fprの皆さま

はじめて投稿します、京都大学の八田と申します。

近年、量的研究アプローチと質的研究アプローチのハイブリッドである混合研究法(Mixed Methods 
Research)が、医療、看護、教育などの実践研究分野において急速に普及しております。
本年8月、大阪にて国際混合研究法学会(Mixed Methods International Research Association:
MMIRA)の第2回アジア地域会議が開催されます(詳細は下記ご参照)。
心理学研究に携わる皆さまのご関心に触れるものと思い、ご案内を差し上げた次第です。
特に研究方法論にご関心のある方は、一度、大会HPをご覧頂ければ幸いです。

***********************
国際混合研究法学会アジア地域会議/第3回日本混合研究法学会年次大会
「変革を志向する混合研究法の実践」
("Achieving Transformation through Mixed Methods Research”)

【開催日程】
2017年8月4日(金): プレカンファレンス・ワークショップ
2017年8月5日(土)-6日(日): カンファレンス
【会場】
立命館大学大阪いばらきキャンパス
〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
アクセス: http://www.ritsumei.ac.jp/rs/r2020/campus/oic/access/map.html/
【大会テーマ】
「変革を志向する混合研究法の実践」
“Achieving Transformation through Mixed Methods Research”
* プログラムの詳細は、以下のリンクからご覧になれます。*
* http://www.jsmmr.org/conference/jsmmr2017/
<http://www.jsmmr.org/conference/jsmmr2017/>*
【大会趣旨】
本会議は、医療、看護、教育などの実践研究分野において急速に普及している、量的研究アプローチと質的研究アプローチのハイブリッドである混合研究法(ミックス法,Mixed 
Methods Research: MMR)に関する学術会議です。
本会議は、国際混合研究法学会(Mixed Methods International Research Association:
MMIRA)の第2回アジア地域会議、および日本混合研究法学会(Japan Society for Mixed Methods Research: 
JSMMR)の第3回年次大会として、日本をはじめアジア地域の研究者の方々に広く混合研究法について知っていただくことを目的として開催されます。
海外からJohn Creswellをはじめとする混合研究法の第一人者を講師として招聘し、基調講演やワークショップ、研究発表の場を設けます。
混合研究法に関心をお持ちである多分野の方々のご参加をお待ちしております。

【演題募集】
口頭発表とポスター発表募集
・募集開始は2017年2月2日(木)
・募集締切は2017年4月15日(土)

【参加申し込み】
※参加登録は2017年3月中旬に開始予定です。
【事務局連絡先】
国際混合研究法学会アジア地域会議 事務局
Email: jsmmr.adm [at] gmail.com
※ [at] を @ に置き換えて下さい。
*****************

------
八田 太一
京都大学iPS細胞研究所
上廣倫理研究部門 特定研究員
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
E-mail: hatta1 (at) cira.kyoto-u.ac.jp


スレッド表示 著者別表示 日付順表示 トップページ
["

\e$B$3$3$O\e(B\e$B?4M}3X8&5f$N4pAC%a!<%j%s%0%j%9%H\e(B\e$B$KEj9F$5$l$?2a5n$N5-;v$r7G:\\$7$F$$$k%Z!<%8$G$9!#\e(B

\n", "\n"]